Copyright © 2017 STUDIO TERAOS

宮崎の家

杉材の素材感を重視した家

アイ・ホーム㈱

YUCACOシステム認定住宅

共同設計:伊藤寛アトリエ、STUDIO TERAOS

空調計画:STUDIO TERAOS

地元の杉材を外装、内装に使いました。

天井の全面が杉板張、屋根の形がそのまま空間の形に現れます。

吹抜けにより伸びやかなリビングダイニング。

2階と1階の連続性が確保され、しかも床と天井で極めて温度差の小さい快適な室内環境となっています。

2階主寝室の横の書斎コーナーは吹抜けに面しています。

大きな軒下空間の下にリビング床から続く木製のデッキがあります。

1階階段下空間と2階クローゼットの天井裏空間に設置した合計2台のエアコンで、約35坪の住宅全体の暖冷房をまかなっています。

■建物概要

​所在地 :宮崎県宮崎市

構造規模:地上2階建て(木造)

敷地面積:169.44 ㎡

建築面積:76.20 ㎡

延床面積:114.10 ㎡

■断熱性能等

UA値:0.43 W/㎡K(当該地基準:0.87 W/㎡K)

ηA値:1.1(当該地基準:2.8)